オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア都市情報
ゴールドコースト

 ゴールドコーストは日本?

 日本人のための街といっても過言ではない。街には日本語、日本人、日本食があふれ海外に住んでいることを忘れることすらある。
 しかし、ビーチに沿って並ぶ高層ビルや、オーストラリア特有のからっとした気候に真っ青な空、海、白い砂浜。
 日本では味わうことのできない景色が広がる。

 本気で英語を喋れるようになりたいなら

 本気で英語を喋れるようになりたいなら、ゴールドコーストに行ってはいけません。
 大げさでなく、英語を一言も話さずに生きていくことが可能です。仕事も大した英語を話すことができなくても、雇ってもらえる場所は大量にある。むしろ日本語を使わずに生活することのほうが難しい。
 人間いくら強い決意をしたところで、日本語があふれる環境に慣れてしまい、ついつい甘えが出てしまう。

 もちろんゴールドコーストで一生懸命に勉強して、英語を使いこなしている友達を何人か知っている。しかし、彼らはワーホリビザでなく学生ビザで毎日学校に通い半年以上勉強している子達ばかりである。
 ただでさえ、ワーホリビザでは4ヶ月しか学校に通うことができないのに、日本人ばかりの環境にいて英語が使えるようになるはずがない。
 街またはそこで生活している人を否定しているわけではないので、勘違いしないでほしい。ワーホリで英語を学びたい人にとって不向きな街という意味である。

 休暇としてのワーキングホリデーなら

 ゴールドコーストは観光、買い物をするなど、楽しむには最高の街である。
 街にはレストラン、様々なショップ、きれいな海、アミューズメントパーク、動物園、雄大な自然。数え上げることのできないほど魅力にあふれた場所である。
 つまり、ワーホリでとにかくオーストラリアを楽しみたいと考えている人達にとってはまさに楽園である。
 毎週金曜日は海辺の公園で夜が明けるまでBBQパーティー。日本人同士で家を借りて、毎日サーフィンに明け暮れる。お金が足りなくなったら、日本食レストランやツアーガイド、お土産屋で働けばいい。
 仕事も見つけやすく、英語力はさほど必要ない。日本で毎日、朝早くから夜遅くまで働いていた人たちにとって最高の休暇になるだろう。

 それでもゴールドコーストが

 それでもゴールドコーストが間違いなく、ワーキングホリデーの行き先として選びやすい都市、No1だと思う。
 しかし僕はゴールドコーストをお勧めしない。
 やっぱり、1年せっかく海外で過ごすなら、英語話せるようになって帰りたいじゃないですか(/・ω・)/

Main| シドニー>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間