オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア都市情報
パース

 世界で一番美しい街パース

 歴史的な建物、広大な自然、近代的な建物、これらが見事にマッチした街並みは最高です。街の規模はシドニーやメルボルンなどの大都市と比べると大きくありません。
 しかし、買い物するための店、レストラン、映画館など、生活していくために必要なものは揃っています。
 そして、なんといってもインド洋が最高で、ビーチが信じられないほどきれいです。間違いなく生涯Timtomが見たなかで一番きれいな景色でした。

 仕事は?語学学校は?

 仕事はシドニー、メルボルンに比べると、職種はあまり多くありません。
 しかし、日本人観光客がとても多いので、ツアーガイドとしての仕事がありますし、日本食レストラン、テイクアウェイショップもたくさんあるので、仕事探しにそれほど困ることはないと思います。
 語学学校は期待しないほうがいいです。たくさんありますが、どこも日本人であふれかえっています。

 パースでの生活

 家賃はそれほど高くなくて、シドニーに比べると70%〜80%。
 理由はわかりませんが、色々な食材がそれぞれ1ドルくらい高い。
 交通の便はかなり発達しています。市内には無料のバスが走っていますし、電車もかなりの本数があるので便利です。
 普通のバスもパース全体を走っているので、様々な場所へのアクセスが可能です。

 いいことだらけのパースも

 いいことだらけのパースも一つだけ欠点は西海岸に位置しているということです。オーストラリアの所要都市はすべて東海岸にあり、西海岸にはパースしかありません。
 ちょっと、違う都市に旅行に行こうと思うと、必ず、飛行機に乗らなければなりません!!
 時差まで発生するぼど、他の都市から遠いということが、パースの唯一の欠点かな。

 結論として

 ボク的には、かなりお勧めできる街です。ワーキングホリデーでどの都市に行くべきですか?と聞かれたら間違いなくパースと答えます。
 たとえ、住まなくても、オーストラリアに来たら必ず、立ち寄りたい場所ですね。

<< シドニー| Main| メルボルン>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間