オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア都市情報
メルボルン

 オーストラリア第2の大都市メルボルン

 メルボルンはキャンベラが作られる前、オーストラリアの首都だったのです。これ以外に知らない人がたくさんいます。
 だから、メルボルンの歴史は古いく、ヨーロッパの雰囲気が漂い、シドニーとは全然違う街です。
 僕の感想としては魔女の宅急便に出てきそうな街です。

 メルボルンは住みやすい

 メルボルンは2002年と2004年に「世界で最も暮らしやすい都市」で1位を獲得しています。
 大都市なのにどこかのんびりとした雰囲気があり、外国籍の学生が多い街として有名です。世界各国から留学生が来ているので、学生にとっても優しい街で、物価、食事、家賃、色々なものが大都市の割りに安いです。

 メルボルンの語学学校は?仕事は?

 留学生が比較的多い街なので、大学から英会話スクールまで様々な種類の学校があります。探せば、自分にあった学校を選ぶことができると思いますが、どの学校にも中国人が多いという印象です。

 メルボルンでの職探しは、ケアンズや、ゴールドコーストなど観光客が多い街に比べると、比較的難しいと思います。
 日本食レストランでのウェイトレスやキッチンハンド、お土産物屋さんの販売員をしている、ワーホリメーカーが多いです。
 冬(日本の夏)のスキーシーズンには、スキー場で働くことも可能です。あるワーホリの友人は普通の会社でおもちゃのセールスをしていました。

 Timtomの結論

 僕的にはパースの次にお勧めの都市です。とても日本人にとって居心地のいい街だと思います。
 そのぶん日本人を含むアジア人がたくさんいるので、覚悟はしておいたほうがいいですけどね。

<< パース| Main| キャンベラ>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間