オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
オーストラリア住まいの形式

 ワーキングホリデーや留学をして、渡豪した後、生活の中心となる場所が必要です。
 ここではオーストラリアでの住まいの種類について書いていこうと思います。オーストラリアの生活をイメージするのに役立てください。

 ホームステイ

 オーストラリアに住む家族に、家の中の1部屋を借り、家族の一員として生活します。ご飯は1日3食与えられる家庭もあれば2食の場合もあります。洗濯やシャワーなど、その他の家事はそれぞれの家庭でルールが違います。

 家庭内で守らなければならないルールも家庭によりけりで、あたり、はずれがかなり大きい。
 料金は週に170ドルから250ドル。ご飯代が含まれているので少し高め!

 シェアハウス

 1番みんなが選んでいる滞在方法。日本になじみはないが、オーストラリアには多くのシェアハウスがあります。数人で1つの家またはアパートの1室を借り、1人1部屋を使います。

 キッチン、トイレ、リビングは共同で使う。電気代などの生活費にもよりますが、料金は80ドル〜150ドル。

 一人暮らし

 これをしている友達を知りません。費用がかかるし、何か問題が起きたとき、自力ですべてを解決しなければならない。
 手続き大変そうだし、お勧めできません。

 キャラバン

 キャンピングカーの後ろの部分で生活する。キャンプ場みたいなところに、キャンピングカーの後ろ(キャラバン)がたくさん置いてあって、その中にベットが3、4個ついています。シャワー、キッチン等はキャンプ場にあるものをみんなで使います。
 もちろん料金はとても安い。ファームでピッキングをしている子がこの形を選びます。

 バックパッカー

 これも、日本になじみがないですね。人々はバッパーと呼びます。1つの部屋にベットが6個から8個置いてあり、色々な人と共同で使います。部屋を借りるのではなく、ベットを借りると思ってもらうとイメージできるかな?
 キッチン、シャワー、トイレ等は共同で使います。

 短期間の滞在や、シェアが見つかるまでの一時的住居として使う人が多いです。料金は一泊1ベット15ドル〜30ドルぐらい。
 ちなみに僕はバッパーが嫌いです。

 マンスリーアパート

 これは日本でも聞いたことある人多いかな?アパートを難しい手続きなしで簡単に借りることができます。都市のど真ん中になることが多いので大変便利ですね。プライベートも守られますし。旅行したときに使いました。

 こちらのサイトに詳しい情報が載っているのでイメージをつかみたい人はどうぞ。

 

Main| オーストラリアのホームステイ>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間