オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
オーストラリアのホームステイ

 ホームステイって何?

 家のなかの1室を貸してもらえます。食事、洗濯、掃除が提供され、家族の一員となり、生活します。お客さんという感覚ではなく、家族の一員ですので進んでお手伝いしましょう。

 ホームステイの当り・はずれ

なかなか家族の一員にはなれないみたい・・・
以下の5つのパターンがあると思います。
03家族の一員として扱ってもらえる(当り)
03家族の一員とまではいかないが、住んでいて心地良い
03よくもなく悪くもなく、こんなもんか?
03居心地が悪く、ほとんど相手にしてもらえない(はずれ)
03完全にお金だけが目当てで、放置(過剰請求もたまにあり)

 こんなにひどい話もあります

03完全放置されたあげく、子供にいじめられた。
03部屋に置いておいたお金を盗まれた。
03レイプされた。
03何かと理由をつけ、過剰請求された。
03食事をまともに与えてもらえなかった。
03食事を作ってあげたのに、目の前でまずいと言われ、捨てられた。
03100個くらい、ルールがあって、少しでも守らないと激怒された。
03空港までのお迎えを頼んだのに(有料)、当日来なかった。

 全部事実なのですが・・・

 こっちが英語を喋れないと思って、調子に乗ってる家族が結構います。全部じゃないですよもちろん。

 こんなひどい話がたくさんありますが、やっぱり、最初はホームステイをすべきです。彼らから学ぶ英語は大変役立ちますし、オーストラリアの生活を体験できます。困ったら、基本的には助けてもらえますし、右も左もわからない間は、彼らのお世話になるのが、正解だと思います。

 これだけは覚えておいてください・・・

 上記のようにならないために、最低限の英語は身につけてから、出発してください。お金、命、大切なことがわからないと生きていけませんから。
(勉強の仕方についてはこのページも参考にしてね

 そして、何かおかしいと感じたら、Noと言う。耐えられないなら、すぐにステイ先を変える。日本人は我慢しすぎなんです。環境に適応しなければ、社会に認められない国ですから仕方ないのかもしれませんが・・・。
 我慢は絶対にしてはいけません。あなたはお金を払っているということを、忘れないで下さい。もちろん、文句を言ってもいいんですよ。

<< オーストラリア住まいの形式| Main| ホームステイ体験談>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間