オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
ホームステイ体験談

 2003年の秋、ワーホリの下見として3週間ゴールドコーストに短期語学留学しました。その時の体験談を書きます。

 はじめてのホームステイ

 家はプールと大きな庭がついている大きな家(^-^)/僕はそんな大きな家の2階の1室を与えられました。6畳ぐらいの大きさにベッドと机、クローゼットがついて、いわゆる普通のベッドルームでした。家と部屋は「あたり」(^-^)
 家族、特にホストマザーは話かければ相手してくれましたし、ご飯も悪くなかったし、洗濯もしてもらえたし、掃除もしてくれました。
 疲れて、一人で居たい時は放置してくれました。
 しかも、自転車を無料で貸してくれて、ものすごく助かりました。家の合鍵ももらえて、門限なしで遊びに行けました。  家族の人達や環境も「あたり」(^-^)

 そんな「あたり」の家族さえ

 でも、やっぱり、異文化で生活すると、日本とオーストラリアでは生活の常識というものが違うみたいで何度か怒られました。
 ある昼下がり、広告を広げ、部屋の中で爪を切っていると、「外でやれ」ってすごい勢いで怒られました。

 やっぱり僕らは家族ではない

 ホストファミリーは親切にしてくれましたが、僕ら(他にも1人ホームステイしてました)を家族とは思っていませんでした。  なんでわかるかって?

 ある日、ホストファミリーの小さな5歳のかわいい女の子とビデオを見ていました。女の子は眠くなったのか、僕のひざの上に寝転がっていました。そんな所へホストファザーが来て一言
 「君は家族の一員ではないのだから、子どもに触るな」
セクハラと捉えられたそうです・・・相手は5歳の女の子なのに・・・・

 ちなみに食事は

 平日2食週末3食
(でも平日も簡単なサンドイッチを持たせてくれました)
のプランで週に170ドル払っていました。
 あっでもこれらのお金は出発前にまとめて払いました。大学の生協で申し込んだので、安かったです。

色々、点数をつけるなら85点ですね(^○^)相当、当たりだったと思います。

<< オーストラリアのホームステイ| Main| シェアハウス?!>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間