オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
シェアハウス?!

 シェアハウスの紹介です。シェアハウスって何?といところから見つけ方、種類、料金、実際の写真などを交えて紹介します。

 シェアハウスって何?

 日本にはあまりないシステムですね。一軒家やアパートの一部屋を複数の人間で借りるというシステムです。オーストラリアでは他人と住むのが当たり前のように普及しています。

 ベットルームが5つ、バスルームが2つキッチン、リビングがある家に5人で住むといった感じ。一人1部屋を与えられ(1つの部屋に2人、3人で住んでいる人もいます)、トイレ、シャワー、リビングルーム、キッチンは共同で使います。

 電気代、電話代、ガス代等の生活費は基本的に人数分で割って支払う。
 家賃は部屋の大きさ、古さ、立地によって違います。大体、生活費抜きで週に80ドルから150ドルです。
 食事も家によります。すべてバラバラの家、牛乳、パンなどの基本食は共同に使う家、毎日交代で作る家、様々です。

 見つけ方 (。・_・。)ノ

 友達の紹介
 これが1番楽だし、間違いないかな?
 掲示板で探す
 これが1番メジャーな方法だと思います。
 ネットで探す
 大抵、都市ごとに物件関係のサイトがあると思います。参考までにキャンベラで家探しをしたときに使ったサイトをリンクしておきます。イメージはつかめると思います。英語のサイトにジャンプします
 新聞、情報誌で探す
 物件情報が載っている曜日があるのでそれをチェック。

 いずれかの方法で自分の好みの物件を見つけたら、電話でアポをとり、見学に出かけましょう。

 現場でチェックすること(「・・」ドレドレ..

 rent
 料金を確認。大抵、週???ドルで決められています。
 bond
 保証金 大体4週間分。家を出るときに返ってきます。領収証をもらうことを忘れずに!これのトラブルが多いですから。
 その他の料金
 生活費のことなど、最低、電話代、ガス代、電気代は確認すること。
 部屋にあるもの
 部屋に家具がある家とない家があります。家具がないともちろん購入しなければならないので、そのぶん費用がかさみます。
 その他
 家のルール、食事について、住んでいる人について、喫煙について、色々確認するのを忘れずに!

<< ホームステイ体験談| Main| Timtomのシェアハウス>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間