オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


ワーキングホリデー準備編
オーストラリアワーホリに必要な費用

 オーストラリアに1年間ワーキングホリデーするのにどれくらいのお金が必要なのか? これを参考にして、どのくらいお金を貯める必要があるのかチェックしてください。

06 絶対に必要なお金!

06 ビザ申請料・・・235ドル
06 パスポート・・・15000円
06 航空券・・・片道5、6万円 往復13万〜16万
06 保険・・・9万〜13万
06 学校・・・週200ドル〜300ドル×週(僕の場合250×10週間)
06 ホームステイ紹介料・・・150ドル(僕の場合)
06 空港お迎え料・・・30ドル(僕の場合)
06 お土産、服、変換プラグ等の備品・・・約15000円

 僕は航空券を往復で買ったので、これらの必要経費を合計した約30万円が出発前に日本で支払ったお金です。

06 さらに

 僕は留学サポート会社を全く使っていないので、その費用は含まれていません。もしあなたが何らかの形で留学サポート会社を使う予定なら、その費用も必要になります。
 留学サポート会社を使う予定の人はこのページをチェックしてくださいね。賢い留学サポート会社選びについて解説してあります。

06 もしあなたが4ヶ月間語学学校に通い、その後仕事をするなら

最初の4ヶ月間の生活費として
ホームステイの料金+生活費10万円×4=40万円
と上記の30万円を合わせた70万円が最低限度必要な金額になります。

06 もちろん

 ホームステイを短くしたり、語学学校を短くしたり、学校に通いながらバイトをしたりと現地のライフスタイルによって日本で貯金していくべき金額は変わっていきます。
 こんな生活がしたいんだけど、どのくらいの金額が必要なの?と質問がある人は掲示板や直接メールでTimtomに聞いてください。ある程度の力にはなれると思います(^-^)

06 僕の場合

 入国したとき、手持ち1000ドル、日本の銀行に20万円の貯金。つまり、ぜんぜんお金貯めずに渡豪しました。
 語学学校に通っている間はかなりの節約生活をしていました。みんなが遊びにいくのに一人だけ我慢とかよくあり寂しい思いをしたりしました。楽しい生活をするためにはある程度の余裕をもって渡豪しましょうね。

<< ワーホリ準備の予定表| Main| エージェント選び>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード ネットバンクを使おう クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間