オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデービザの申請

06 ワーキングホリデービザ申請条件

06年齢が申請時に18才〜30才までで、子供がいないこと
06ワーキングホリデービザを取得しそのビザでオーストラリアに入国したことがないこと

06  ワーキングホリデービザ申請に必要なもの

  06 残り有効期限1年以上のパスポート

 滞在予定期間を満たしていない場合はビザの取得前に更新する必要があります。なお、一般にパスポートの更新は1年以上残存有効期間がある場合はできませんが、こういったケースの場合は更新が可能となります。
 詳しくは管理センターに問い合わせてみてください。

  06 クレジットカード

 持っていない人はこのページにお勧めのカードについて書いてあります。
 利用できるカードはビザ、マスター、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナース、BankCardの各カードです。
 ちなみに、ビザの申請料金は235オーストラリアドル(約20、000円)です。

06 申請して3日後ぐらいに

 英語の長いメールが届きます。
 これはビザ発給許可通知書(Visa Grant Notification:VGN)というものです。

 VGN には発給された学生ビザの滞在許可期限や守らなければならない諸条件等が記載されています。eVisa は電子上で許可されるビザなので、パスポートにシール等の証明書は一切貼られません。
 VGN をプリントアウトしてその紙を持ってオーストラリアへ渡航することになります。オーストラリア入国後、最寄りの移民局(シドニーなら空港でシールを貼ってもらえます)に出向き、パスポートに就労許可付きのビザシールを貼ってもらってください(無料)。

 紙切れ一枚で本当に大丈夫か?と思いますが、大丈夫です。
誰もが、不安に思いますが、これでいいんです。

06 正直な話

 僕のこのサイトはエージェントなしでワーホリすることをテーマとしていますが、ビザだけは留学斡旋会社のお世話になったほうがよいと思います。
 実際に僕のところにくる多くの悩み・質問はビザに関係しているものが多いです。 ビザの質問はあまり答えに自信がありません。実際に僕が申請した経験が1回だけですし、失敗しています。
 どれだけ準備を進めても、ビザの取得に失敗すれば、オーストラリアには行けません。

 ビザ取得だけのサポートなら5000円程度でサービスを受けることができます。 どこのエージェントを使えばよいかわからないという人は僕に聞いてください。
 こっそり教えちゃいます(。・_・。)ノ

06 詳しくは…

 以下のサイトを参考にしてください。ビザについてかなり詳しく書いてあります。
 http://www.aswho.com/visa/wh/index.htm
 http://www.wavenetwork.com.au/visa/wh/

   

<< エージェント選び| Home| 正しいお金の持っていき方>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間