オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
正しいお金の持って行き方

 みんなが悩むお金の持ち込み方

 お金の持って行き方は大事な問題なので、ありとあらゆる情報網を使い完璧に調べ上げました。
 色々なサイトに様々な答えが掲載されていますが、今から僕が書くお金の管理方法が限りなくベストに近いかなって思いますのでぜひ参考にしてください。

 結論

 オーストラリアで使うことのできるお金を国際キャッシュサービスが使えて、さらにネットで口座残高を確認できる銀行に預金しておくこと。 そして、現金100ドルを日本の銀行で両替して持っていく

 これで完璧です(^-^)次からもう少し詳しく解説していきます。

 国際キャッシュカードサービス

 語学学校に通って、バイトをしないとなると当然、収入はありません。日本で貯めたお金を使うしかありませんよね。
 国際キャッシュカードを使えば、街の至る所にあるATMから必要な額を入力すれば、何の手続きなしに預金してある日本円オーストラリアドルに両替されATMから出てきます。このような便利なことができるサービスを国際キャッシュサービスといいます。
 色々な銀行がこのサービスを提供しています。
 手数料や口座維持費、レートなどを踏まえたお勧めの銀行をこのページに書いたので参考にしてください。

 クレジットカードの引き落とし指定口座

 ワーホリメーカーとしてオーストラリアで生活するために、クレジットカードは必ず必要です。
 クレジットカードの必要性やお勧めのカードはこのページにしっかり書いたので、まだ読んでいない人はチェックしてくださいね。

 クレジットカードを使えば、当然、指定してある日本の口座から毎月使った分だけ引き落とされます。
 日本にいるときは通帳記入すれば、自分の口座の残高がいくらで、どのくらいのお金を使えるのか簡単にわかると思います。
 しかし、オーストラリアでは日本の銀行の通帳に記入ができない。
 残高がわからず不安いっぱいという状況になります。ここで役に立つのがネットバンキング。
 銀行によってはインターネットを使って残高証明ができるサービスを行っているので、自分の口座の状態をネット回線さえあればいつでも確認できます。
 このサービスが使える銀行を指定口座にしてください。

 Timtomおすすめの銀行

 数年前までは、様々な銀行がこの国際キャッシュサービスを提供していましたが、今、利用できるのは以下の2つの銀行だけです。 下記の2つは、もちろんネットを使って残高照会ができますので、クレジットカードの引き落とし指定口座にしても安心です。 僕は、新生銀行を使っていました。

 新生銀行
 シティバンク銀行

 それぞれの銀行の特徴については、次のページにまとめてありますので、ご覧ください。
 国際キャッシュカード>>
 クレジットカード>>
 それぞれを読んで自分に合ったお金の持ち込み方を考えましょう

<< ワーホリビザ申請| Home| 国際キャッシュカード>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間