オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
海外旅行保険は必ず加入しましょう

 海外旅行保険は必ず入りましょう

 保険は必ず入ってきたほうがいいですよ。
もしも、病気になったとき、親族が病気になり帰国しなければいけないとき、盗難の被害にあったときなど、あらゆることをカバーしてくれます。
 僕も実際に40度の高熱をだし、病院にお世話になりました。その時の治療費、薬の代金はすべて返ってきました。
 パスポートを盗まれた友達は領事館に行くまでのバス代、もちろん再発行の費用等、全額保障されていました。

 保険は自分で選びましょう

 僕は親戚のおばちゃんが保険会社に勤めているので、自分の保険に関しては彼女にすべて任せました。
 だから、自分が加入した保険がどのようなものなのか、全く把握していませんでした。
 実際病気になって、どれだけ保障されるのか、どのように申請するか、検討もつかず、とても困り、大変でした。

その時のお話。

 40℃の熱にはびっくり

 ある日、原因不明で40度の熱をだしました。ふらふらになりながら、車を運転し、近くの病院へ。
 そこで診察に200ドル(約16000円)必要ですが、診察を受けますか?と言われ、40度の熱にもかかわらず、NOと言いそうになりました。
 そこで保険の証書を見せましたが、日本語なのでもちろん理解してもらえず
たぶん50%くらい返金されるんじゃない?
みたいなこと言われ、ふらふらで頭が回らなかったくせに、お金の心配しなくてはならず、
診察受けるのに8000円かよ、でもな・・・もしかしたら、全額自分で払わなきゃだめなのか?薬代も自腹?帰ろうかな?でもなぁ、あぁ体がだるい。お金がないしなぁ
なぁーんて考えていました。

 やっぱり、何事も自分で決めるべきですね。あの時全額返ってくると知っていれば、あんなに不安な気持ちにならなかったのに・・・
 人に頼るといざって時に困ったことになります。

 お勧めの保険

 帰国後、色々調べてわかったので報告します。お勧めの保険は留学・ワーホリ・駐在保険ならAIU です。保障内容は他の保険会社とあまりかわらないのですが、掛け金は安いです。 保険についてはプロの意見を聞くべきなので、一度資料請求などの問い合わせをしてみることをお勧めします。

<< 賢い海外航空券予約| Home| 身分証明書>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ MP3プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間