オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
変圧器・変換プラグ・乾電池

 乾電池

 オーストラリアで乾電池は高い。
 単三電池8本くらいは持っていきましょう。

 日本製の電化製品を使うために

 オーストラリアでパソコン、髭剃り、デジカメ、日本の携帯等、日本から持参した電化製品はある道具を使わないと使用できません。
 日本の電圧はみなさんご存知の通り100Vですよね。しかし、オーストラリアは240Vです。しかも、コンセントのプラグの形が違います。
 だから以下の2つのものを使わないと使用することができません。
03変圧器(100Vから240Vに電圧を変換する機器)
03変換プラグ(下の写真のような機器)

 オーストラリア電源プラグ

 パソコンやデジカメの充電器などは、変圧器が内蔵されています。
 バッテリーをよく観察してみると、AC−IN 100v-240v と記載されていると思います。
 240Vの表記があれば変換プラグを使えば、オーストラリアでも変圧器なしで使えます。

 変圧器

 電圧は国によって全然違います。海外に行くことが多い人は下の写真のような世界各国で使用できる変圧器を1つ購入しておくことをお勧めします。

 結論

 日本製品を使う際は慎重になってください。日本人の友達トシは変圧器を使わずに変換プラグのみで日本から持っていったDVDバーナーを使用し、小爆発を起こさせました。

 自分が持っていく電化製品をよくチェックし変換プラグはいくついるのか考えて持って行きましょう。僕は2つ持っていきました。変圧器は電圧が自動に変わらない日本製の電化製品を持っていく場合は必ず必要ですよ。

 以下のお店で必要なものはほとんど揃います。

 旅行用電化製品

 これらの商品はネットのほか、大型電化製品屋で買うことができますよ。

<< ワーホリパソコン論| Main| デジタルカメラ>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ MP3プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間