オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
ワーホリのための電子辞書

 電子辞書は日本から必ず持っていきましょう

 オーストラリアで英語を勉強しながら、生活するならば電子辞書は絶対必要です。自分が知らない単語に毎日必ず出会います。
 単語の意味・使い方を知らないまま放置しておくのと、毎回意味を確認するのでは、1年後大きな違いがでます。

 多機能電子辞書

 大学へ行くなどの理由で、高い英語力が必要な人は英語辞典が充実している電子辞書を持って行くべきです。
 でも、電子辞書ってめっちゃ種類ありますよね。ということで、Timtom的電子辞書の選び方を記事にします

03収録されている辞書の数、種類
  最低、英英、和英、英和、広辞苑が必要!
  英会話辞典もあると便利。これらの辞書の種類にたいした差はないので、考慮しなくていいと思います。
  (「ジーニアス」でも「リーダーズ」でもOKという意味)
03重量
  もちろん軽いほうがいいですね。僕の使っているのはかなり古いタイプなので重い・・・
03メーカー
  最低、英英、和英、英和、広辞苑が必要!
  CASIO、SEIKO、SHARP、CANON、SONYがメジャーなところ。
  特にメジャーなCASIO、SEIKO、SHARPの中から選べば問題ないと思います。
  メーカーの違いによって機械自体の特色の差は多少ありますが、大切なのはメーカーでなく掲載辞書や重量そして値段です。

 購入するなら

 ちなみに僕は英語科出身ですので、当然全員電子辞書持っていました。1番人気はSHARP、次にSEIKO そしてCASIOという感じでした。
 僕はSHARPが一番おすすめかな。

 Amazonで売れている電子辞書をチェックしてみてください。送料やポイント還元を考えると僕が調べた中では最安値です。

<< 必要な生活用品| Main| ワーホリに持参すべき本>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間