オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア語学学校
英語学習を継続する

 英語を使えるようになるために最も大切なことは英語学習を継続することではないかと思います。
 英語は中学校から習い始め、1つの教科として学習するのですが、僕は英語を勉強とは思っていません。英語習得は「体育」と同じなのです。

 つまり、頭を使って考えるというより、体を使って、英語という素材に慣れていくものなのです。
 だから英語は1日2日、で習得できものではありません。とにかく、何度も何度も繰り返し体に覚えこませるしかないのです。

 そうは言っても忙しい

 「そんなことわかってるけど、忙しいし、英語聞いていると眠くなるし・・・」
 この気持ちすっごく共感できます。昔の僕がまさに言い訳、言い訳・・・勉強しなきゃだめだって思っているけど、なかなか継続できない。

 強い決意をし、学習をはじめるが、よくても3日しか続かない・・・そこで考えました、「継続のコツ」これは人によって違います。以下を参考にして自分に合っていそうなものを見つけてください。

 無茶をしない

 「1日2時間勉強する」、「この問題集を10日で終わらせる」
 こんな風に自分に厳しくしてはいけません。毎日少しずつでいいからコツコツ学習することが大切です。

 お金を使う

 教材に高いお金を使えば、勉強しないともったいないのでその教材を使って勉強します。
 ラジオ、DVD、ホームページなど、無料の英語教材はたくさんありますが、無料だとなかなか勉強が長続きしないんですよね。自分を高めるために自分に投資することって大切だと思います。
 しかも、こういった教材は、理論に基づいて作成されているので質が高く、上達の近道になる。質の低い教材に時間を費やすなら、お金を払って短期間に使える英語をマスターしませんか?

 短い時間を有効に使う

 一日24時間のなかで英語学習に使うための20分くらいは簡単に見つけられると思います。
 机に向かって「さぁ勉強するぞ」って感じでなくていいのです。「1日に会話表現を3つ覚える」のように簡単なことでいいのです。
 これなら歩きながらブツブツ言っていればいいし、お風呂に入りながら英語の発音練習してもいい。教育テレビの英語番組を10分間集中して見るだけでもいい。
 とにかく生活の中に英語学習を習慣として取り入れることが大切です。

 目標を掲げる

 明確なゴールがあるとやる気は上がります。英語が喋れたらかっこいいなぁでは上達しません。
 TOEIC800点、映画を字幕なしで理解する、会社の外国人と英語でミーティングするなど、明確かつ具体的な目標をもつと毎日の勉強に身がはいります。

 色々試してみてください。人によって必要な能力、勉強の仕方は違いますからね。
 ぜひ、映画を字幕なしで楽しめる世界まで来てくださいね。世界観が変わりますよ。

<< 出発前にリスニング力だけは| Main| 無料のツールを活用しよう>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間