オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア都市情報
ワーホリ仕事の見つけ方

 ワーホリするからには、気になるのは仕事の話。十分に資金を持ってきた人も一度は必ず働くべきです。
 人との出会い、オージーの仕事に対する考え方、もちろん英語の勉強のため、人によって得られるものは違うと思いますが、絶対に人生のプラスになりますよ。

 友達の紹介で仕事をゲットする

 まず、仕事をみつけるのに一番簡単な手段は友達の紹介。これが間違いなく一番簡単な手段です。ワーホリはなぜ故にか6ヶ月以上1つの場所で働けないから、6ヶ月ごとに必ず仕事を変えなければいけない。
 仕事を辞める前に次の人を探して、店に貢献したいと思っている人がたくさんいます。雇い主も働き手が必要なので、簡単に決まるケースが多いです。

 情報誌で仕事を探す

  情報誌で求人探し

 街の色々なところに置いてある無料情報誌の求人募集の欄をチェックして、電話をかけるか直接お店に出向く。
 日本語の情報誌を見てもいいですし、英語の情報誌にもトライしても良いでしょう。シドニーだったら、インターネットで情報をみることもできます。

 僕の場合このような日本語情報誌がキャンベラにはないので新聞で情報探し。毎週土曜日にはjob guideと呼ばれる折り込みが新聞に入っていて、それをチェックし、電話をかけまくって、面接をゲットします。

 電話するのってものすごく緊張します。英語がよくわからないし、顔が見えないので、100%英語の実力勝負。相手が言ってることも聞き取れないこと多かったですしね・・・。住所なんて難しくて難しくて・・・
 でも、この努力をするためにここに来たって自分に言い聞かせて頑張りました。

  面接をゲットしたら

 とにかく、なんとか面接(job interview)をゲットすることができたなら、面接に持参しなくてはいけないものが、履歴書(resume)。
 僕の場合、数少ないワーホリ仲間の履歴書を真似して、学校の先生に添削してもらいました。

さて、いよいよ面接。
 聞かれることは、経験の有無、働くことのできる日時、志望動機ぐらいです。逆にこっちから質問しないと教えてくれないことがたくさんなので、頑張って色々質問してください。

  後は結果を待つばかり

 面接の最後に忘れてはいけないのは、返事をしてくれるか必ず確認すること。ほとんどの場合電話がかかってきません。自分で合否を確認しないといけませんからね。
 「この前、面接を受けた者ですけど、連絡まだですか?」
と電話すると、
 「連絡すること忘れてた」
って何回言われたか!( ̄ェ ̄;) エッ?って感じですけど。
 「採用するから、明日の9時に来て」
って言われたこともあるので、必ず確認の電話をしましょうね。

<< 英語で履歴書を書く| Main| 日本食レストランで働く>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間