オーストラリア ワーキングホリデー(ワーホリ)バイブル by Timtom
border

自力(エージェントなし)でワーホリしたTimtomが色々アドバイス


オーストラリア都市情報
日本食以外で働く

 日本人向けのお土産屋さんで働く

 日本人向けのお土産屋さんで働く。特に日本からの観光客の多い都市(ケアンズ、ゴールドコースト、シドニー)では日本人は重宝されますよ。
 そのくせ時給は安いですが・・・レストランと同じくらいです。

 ツアーガイド

 これは女の子向けですが、ツアーガイド。これも当然観光客の多い都市が有利です。
 日本人のお客さんのための、ガイドが95%ですが、なかには英語でガイドするチャンスもあるそうですよ。
 ガイドの友達いわく、最初は無料でツアーに参加できて、お金ももらえる最高の仕事かと思ったが、さすがに毎日同じ場所に行くと5回目ぐらいから、飽きるとのことです。僕はいい仕事だと思います。
 時給は10ドルから14ドル。
 日給制のところが多いようで、大体100ドル(8千円)前後かな。

 ピッキング

 さらに、オーストラリアでしかできない体験として人気なのが、野菜や果物の収穫手伝い。
 ピッキングと呼ばれる仕事。市街地ではできないので、田舎に行って、農家になるという仕事。
 時給はいいですよ!15ドル(1200円)前後が相場です。
 場所によっては時給でなく、出来高ばらいのところもありますけどね。

 しかし、かなり大変な仕事です。朝から夕方までひたすら単純作業。かなりの体力を使いますがいい経験になりますよ。間違いなく。

 僕はピッキングはやっていませんが、プルーニングといわれる、枝きりの仕事をしていました。時給は17ドル(1400円)月に20万ほど稼いでいました。

 クリーニング

 クリーニングと呼ばれる、お掃除の仕事。会社の掃除、ホテルの掃除、家の掃除など、お掃除の仕事。
 1日だけ、僕もやりました。時給は10ドルから12ドル。僕は時給20ドルもらいました。かなりレアですけど・・

 変な仕事してた人も

 これらが人気の仕事ですが、変な仕事に就いた人もたくさんいます。
船乗りになった人、普通の会社でバリバリ働いた人、工場で機械の一部になっていた人、スキー場で働いた人、スポーツインストラクターに美容師、ホテルの受付やった子もいあたなぁ
 つまり、やろうと思えば何だってできます。(かなり採用は厳しいですけどね)

 どこで働いてもやっぱり英語力はある程度必要ですよ。日本で英語勉強してくることをお勧めします。
 このサイトの英語学習法を参考に勉強してください。

<< 日本食レストランで働く| Main| ファームで働く>>

トップページ
06 ワーキングホリデー準備編
ワーキングホリデーって何? ワーホリ準備の予定表 ワーホリの費用 エージェント選び ビザ申請 賢いお金の持ち込み方 国際キャッシュカード クレジットカードを選ぶ 航空券をゲットしよう 海外旅行保険に加入する 携帯したい身分証明証
06 ワーキングホリデー荷物編
永久保存版荷物リスト ワーホリのスーツケース オーストラリアに適した服 コンタクトレンズ 生活に必要な日用品 ワーホリの電子手帳 持っていくべき本 オーストラリアの文房具 パソコン 変圧器・変換プラグ デジタルカメラ デジタル音楽プレーヤー
06 オーストラリア都市情報
ゴールドコースト シドニー パース キャンベラ メルボルン
06 ワーホリで語学学校に通う
語学学校への偏見 語学学校の決め方 学校へ通う意義 授業の受け方
06 ワーホリの仕事情報
ワーホリ履歴書の書き方 ワーホリ仕事の見つけ方 日本食レストランで働く 日本食以外で働く ファームで働く
06 オーストラリアの住まい
オーストラリア住まいの形式 オーストラリアホームステイ ホームステイ体験談 オーストラリアシェアハウス Timtomのシェアハウス公開
06 お勧め英語学習法
出発前にリスニング力だけは 英語学習継続のコツ 無料のツールを活用しよう
06 Timtomの独り言
海外を決意した理由 ワーホリの1年間